林道ファン〜林道探索が好きなバイク乗りの備忘録

林道にロマンを感じるバイク乗りが、日々変わりゆく関東甲信越の林道を実走調査して記録に残しています。

福島県・一本山毛欅への名無しダート

緩やかな牧草地に位置する一本山毛欅(いっぽんぶな)を目指す完抜けダート林道

探索年:2018年10月

所在地:福島県いわき市三和町差塩・下三坂

舗装状況:完抜けダート

難易度:リッターオフ車走行可

関連林道:林道 差塩線

一口メモ:県道66号小名浜小野線の三和町差塩からアプローチでき、一本山毛欅(いっぽんぶな)の脇を抜けていく完抜けダート林道。一本山毛欅へは舗装路だけで周遊することはできるが、オフロードバイクにとっては牧草地内を抜けていくダートを走ることに意義がある。一本山毛欅よりも宇宙石の方が見どころがありそう。林道差塩線と合わせるとさらに楽しめます。

 

 

一本山毛欅(いっぽんぶな)とは、いわき市三和町の拓けた牧草地内に位置する標高667mの山のことです。非常に読みづらいこの山の由来は全く分かりませんが、景色の良い場所なのでツーリングスポットとして訪れるのもおすすめです。

 

林道差塩線終点

 

前回の林道差塩線終点から右折してダート林道を走ってくると、一本山毛欅へと行くことができますが、周辺には舗装路があるため、一本山毛欅へはオンロードバイクでも難なく訪れることができます。

 

 

林道差塩線終点の分岐を右折してしばらく樹林帯の中のダートを走ってくると、明るく拓けた高原地帯のような場所に出ます。標高600mほどの高原の中を走るだけでも気持ちが良いのに、路面状態の良いフラットダートが続き、オフロードバイク乗りにとっては最高の環境で気分がさらに高まります。

 

実は撮影当日は土曜日で、大規模なオフロードラリーイベントが開催されており、一本山毛欅周辺も通過ルートに組まれており、普段は誰一人見かけることのない静かなこの場所も、この日は何百台というオフロードバイクがなぜか次々と絶え間なくやってくるため、驚いたのを覚えています。

 

 

高原地帯を進んでいくと、前方に建物が見えてきました。乾草供給センターという建物らしいです。そういえばこの高原は緩やかに一帯が拓けており、牧場として理想的な場所のような雰囲気がありますが、牛や馬の姿は一切なく、放棄地のような放置された雰囲気に違和感を感じていました。もしかしてかつては牧場として活用されており、たくさんの放牧された牛が優雅に草を食べていた時期もあったのかもしれません。

 

 

 

 

ダートは建物脇で終了となり、ここからは舗装路となります。

 

 

 

 

ダート終了と同時に合流する舗装路は、差塩からの県道66号線から上ってくる道で、オンロードバイクはこの道からアプローチしてくることが可能です。

 

 

高原地帯の中のあのカーブを駆け抜けていくのは、オフロードバイクはもちろんのこと、オンロードバイクで走っても最高に楽しそうです。

 

 

こうやって見ると草も刈られていたりするし、やはり管理はされているようです。でもこの斜面に牛が放牧されている姿を見る方が、ここの景色に合っているような気がします。

 

この裏手にはパワースポットとして有名?な宇宙石という巨石があり、最近はインスタ映えスポットにもなっているようですが、私は誰もいない静かな状況でコーヒーでも沸かして景色を眺めていたいものです。

 

ここ周辺の道路は1車線幅しかなく狭いため、ドライブコースとしては好まれない印象ですが、バイクツーリングとしては最高のツーリングスポットになりますよ。(私は千葉県の人間なので頻繁に来ることはできないのが残念ですが…)

 

 

林道 差塩線 を探索してくる。

 

 

(2019年9月公開)