林道ファン〜林道探索が好きなバイク乗りの備忘録

林道探索にロマンを感じるバイク乗りが、関東甲信越の未舗装林道を実走調査し記録に残しています。

福島県・林道 寺下線 ②【完】

県道66号を起点として、周回する形で戻ってくることができる完抜けダート林道

探索年:2018年10月

所在地:福島県いわき市三和町上永井

舗装状況:完抜けダート

難易度:リッターオフ車走行可

 

 

前回からの続きです。

林道 寺下線 ① を探索してくる。

 

 

先ほどの峠地点を過ぎるとしばらくは走りやすいフラットな路面が続きます。

 

 

軽トラ幅の4輪の踏み跡は少なめですが、雰囲気の良い木陰の林間路といった状況の中、下り勾配で少しづつ高度を下げていきます。

 

 

やがて左手に渓流が現れてからは、川の流れと並行してフラットな路面が続きます。この辺りはケヤキの木でしょうか?林道でよく見かけるスギの木などは幹がまっすぐ上にかなり高くそびえ立っているため、場所によっては薄暗い雰囲気を感じる事も多いですが、ここは渓流と緑の葉に覆われた低めの木が並んでいるため、木々の中ながら重い雰囲気は感じられず、私は好感が持てますね。

 

 

標高差はそんなにありませんが、今までの景色と違ってここは杉の木が左右に並びます。

 

 

いつの間にか谷は右側に移り、ここからは下り勾配の傾斜も強くなっていきます。

 

 

先ほど川の流れが左にあったときは水面との差が大してなかったはずですが、ここは水面との高さの差がかなり大きくなっています。

 

 

引き続ききつめの勾配でどんどん高度を下げていきます。しかし路面が掘れている個所もあるので調子に乗って飛ばしていくことは厳禁です。

 

 

ここにきてダート路面から舗装路に変わりますが、もう民家も木々の間から見え始めているので、ダートはここで終了のようです。

 

 

市道と合流し前方には県道66号線も近づいてきました。たわわに実り黄金色に輝く稲穂も刈入れ間近なのでしょう。

 

 

振り返り寺下線の林道標を映した写真です。こちらは終点ですね。

 

 

以前は結構さびれた林道標が多く文字が読み取れないものも多かった気がしますが、最近は白くきれいな林道標を多く見かけるようになり、探索する側は非常に助かります。

 

寺下線は起点と終点の位置は異なるものの、周回する形で県道に戻ってこれるので、時間に余裕があれば立ち寄りたいおすすめの林道です。

 

 

(2019年6月公開)