林道ファン〜林道探索が好きなバイク乗りの備忘録

林道探索にロマンを感じるバイク乗りが、関東甲信越の未舗装林道を実走調査し記録に残しています。

福島県・林道 寺下線 ①

県道66号を起点として、周回する形で戻ってくることができる完抜けダート林道

探索年:2018年10月

所在地:福島県いわき市三和町上永井

舗装状況:完抜けダート

難易度:リッターオフ車走行可

一口メモ:磐越道いわき三和ICから直結している県道66号線から一本でアプローチできる完抜けダート林道。周回する形で県道に戻ってくることができる完抜け林道ですが、走行跡が乏しい箇所があり、かつ流水で深めのクレバスが発生しているため通行には注意が必要です。全体的には山間の静かな雰囲気を感じることができるほぼフラットな林道。

 

 

磐越道いわき三和インター付近には数多くのダート林道が存在していますが、ここも周回できる完抜け林道として外すことができないお気に入りの林道となっています。もちろんゲートなどの通行規制は一切ないのがありがたいです。

 

県道66号線をいわき三和インター側から走り、三和町上永井の集落から分岐する1車線幅の狭い舗装路を少し進むと見えてくるのがこの林道起点標がある分岐点です。この場所、ストリートビューでは林道入口の存在を確認する事ができるため、以前から気になっていました。

 

 

 

 

轍を見ると走行はあまりなさそうな印象ですが、軽トラ幅の轍が続いています。路面は固めの土質ダートといった雰囲気で、若干の荒れが見受けられます。それではどんどん進んでいきましょう。

 

 

最初から通行跡が少なめの雰囲気がしていましたが、そんな路面にありがちなクレバスがやはりありました。深いところで20センチ以上の段差が発生しています。ここは緩い登り勾配で、雨が降ると流水で路面が掘れてしまうようです。このまま放置されるとさらにひどい状態となり、通行そのものが困難な状況になってしまうため、ここは修復してもらいたいものですが、通常利用されている雰囲気が乏しいため少々不安に感じてしまいます。

 

 

そんな荒れた場所があったとは思えないほど、その先には舗装された区間がありましたが、ここは勾配がきつめなため、部分的に舗装されているものと思われます。すぐ先にはダート路面が復活しています。

 

 

少し走ると左側が開けて、小さな谷を左に見ながら道は高度を稼いでいきます。

 

 

その先では再び舗装路面が一時的に復活しました。とはいうものの倒木は横たわっているわ、落ち葉でアスファルトは隠れ気味になっているわで、通行の全くない舗装林道の雰囲気を醸し出しています。

 

 

ここは樹林帯の中を行くような雰囲気ですが、路面は固く安心して通過できます。

 

 

木々の間を抜けると芝生の中を行くような路面が現れますが、明るく青い空も見えて暗い雰囲気は感じられません。こんな状況の中をトコトコと駆け抜けていくのも気持ちよいものです。

 

 

しばらく進むと、写真では分かりづらいですが、かなりきつめの登り勾配の区間に差し掛かりました。こういうところに限って轍が深いところがあったりするもので、油断することができません。

 

 

登り勾配区間を抜けるとそこは峠部分で、その先は下り勾配へと転じています。峠部分は道幅が広く、明るく開けた切り通し地点といった雰囲気で、斜面にはコンクリートの法面も見えています。

 

 

林道 寺下線 ② へと続きます。

林道 寺下線 ② を探索しに行く。

 

 

(2019年6月公開)