林道ファン~林道探索が好きなバイク乗りの備忘録

林道探索にロマンを感じるバイク乗りが、関東甲信越の未舗装林道を実走調査し記録に残しています。

二本川林道

麓から鶴石山林道と並行しながら上り、終点で合流する完抜け林道

探索年:2017年12月

所在地:福島県いわき市三和町

舗装状況:完抜けダート

難易度:リッターオフ車走行可

関連林道:鶴石山林道

一口メモ:首都圏の林道好きが泣いて喜ぶような極上の林道群が密集している、いわき市を代表する林道。高速からのアプローチがとても良く、高速を降りてすぐダートという林道では、千葉県の鬼泪山林道や金谷元名林道と並ぶほどの近さに位置している。国道49号線側をアプローチルートとして鶴石山林道をはじめ、日渡高野林道などと組み合わせて走行していくのがおすすめ。国道49号のいわき三和インター側にはコンビニやおいしい食堂があり、食事時にいったん下山することも可能。ここ周辺だけで丸一日じっくりと楽しめるどころか、入り込んだら最後、奥へ進めば進むほど迷路のように分岐する林道が出現してくるので、ぜひとも2日以上の休暇を取って来たいところだ。

 

  

f:id:rindoufan:20181210184822j:plain

国道49号線をアプローチとして使うと、国道から入り山ノ神集落までは鶴石山林道への道と同じ道をたどります。二本川林道へはそのまま集落を直進していくと、二本川線の起点看板が見えてくるので左の細道へと左折していきます。

  

 

 

  

f:id:rindoufan:20181210185810j:plain

林道に入り最後の民家を過ぎて間もなくすると舗装が途切れてダートに変わりました。舗装からダートに変わる瞬間は毎度のことテンションが上がりますね。だからと言って別にカッ飛んでいく走りをしようとするわけではなく、安全にまったりマイペースで進みますよ。

 

  

f:id:rindoufan:20181210190521j:plain

 路面はこのエリアでよく見かける締まった砂利ダートで、ゆるやかな勾配に差し掛かりました。

  

 

f:id:rindoufan:20181210191528j:plain

おや、ここはせっかく側溝があるのに路面が掘れてしまっていますね。大雨の後など雨水がうまく側溝に流れずに路面を洗い流してしまっているのでしょうか。水の流れを分断させるU字溝やゴムシートが必要ですね。

  

 

f:id:rindoufan:20181210192117j:plain

その先では道路を横切るU字溝があり前後が舗装されていますが、その手前が水の流れで掘れてしまっています。なんか意味がないですね。うまい具合に修復されることを願っています。

 

  

f:id:rindoufan:20181210193614j:plain

道はさらに勾配を増して樹林帯の中へと続いています。右左右左とクイックなラインを描く生きた道の姿が美しいです。

 

  

f:id:rindoufan:20181210194035j:plain

ただ二本川線は距離が2kmに満たないため、あっという間に終わってしまいます。接続する林道は鶴石山林道です。左へ下ると先ほどの山ノ神集落へとつながっており、国道49号線へと戻ることができます。右折して上っていくと鶴石山山頂へと続く道になります。

  

 

f:id:rindoufan:20181210194741j:plain

鶴石山林道から見た別角度の写真です。二本川線は左から登ってきました。ここには木製の林道標と終点表示の看板が立っています。

 

ここはまだまだ国道から入って入口側の地点です。ここを少し上がるとすぐにまた別の林道が分岐しています。この先のルート選びに悩むというのもまた楽しみのうちの一つです。

 

➡鶴石山林道を探索する。

 

 

(2018年12月公開)