林道ファン~林道探索が好きなバイク乗りの備忘録

林道探索にロマンを感じるバイク乗りが、関東甲信越の未舗装林道を実走調査し記録に残しています。

林道 曲ブナ線 2018(倒木で通り抜け不可能)

完抜けだが途中の倒木により通行の途絶えた感の強い、荒れ気味のダート林道

探索年:2018年10月

所在地:福島県いわき市

舗装状況:完抜けダート

難易度:車重200㎏以下推奨

一口メモ:いわき市の市街地から最も近くに位置する林道の一つである完抜けのダート林道。JR常磐線いわき駅を拠点にすると、数多くある周辺の林道をうまく組み合わせて一日じっくりと楽しむことができる。メインの県道からは直接接続していないため、入口までのアプローチに難がある。2018年10月現在途中に倒木があり、通り抜けは不可能になっている。

 

f:id:rindoufan:20181013125622j:plain

 地図では猿倉公園を目安に辿ってくると分かりやすいです。林道は左に分かれていく道で、入口からダートが続いています。

 

 

 

 

f:id:rindoufan:20181013131114j:plain

林道起点にはしっかりとしたきれいな林道標が設置されています。

 

 

f:id:rindoufan:20181013131550j:plain

左に民家があるため、未舗装ながら幅の広い締まった路面ですが、この走りやすそうな路面は残念ながらここまでです。

 

 

f:id:rindoufan:20181013132035j:plain

民家を過ぎると急に道幅が狭くなり、急登のため簡易舗装がされています。

 

 

f:id:rindoufan:20181013132222j:plain

簡易舗装地点を越えるとお決まりの軽トラ幅の轍のダート路面が始まります。右のポールの意味するものは、この先の路面に対する最初の警告でしょうか?

 

 

f:id:rindoufan:20181013133222j:plain

轍はあるものの、砂利の浮き方からするとこの先の通行量の少なさが見て取れます。

 

 

f:id:rindoufan:20181013133738j:plain

急登のため再度舗装路面に変わりましたが、コケもあり滑りやすそうな路面です。これだけ見ると全く交通量のない舗装林道といった感じです。

 

 

f:id:rindoufan:20181013134228j:plain

細めの倒木です。自然のままなのか、それとも簡易的なゲート代わりなのかは分かりませんが、脇にどかしておいてあげましたよ。

 

 

f:id:rindoufan:20181013134704j:plain

急登のヘアピンカーブです。ここも舗装されていました。もしここが荒れた砂利路面だと気を使う場面かもしれません。

 

 

f:id:rindoufan:20181013135003j:plain

舗装とダートが交互に続いている印象ですが、ここに来てより一層と廃道感が濃くなってきました。そして、カーブを曲がると・・・

 

  あれは⁉

 

 !!!!!!

 

f:id:rindoufan:20181013135304j:plain

やられました、巨大な倒木です。左の斜面から右に折れて倒れていました。人力ではびくともせず、右脇から通過しようとも思いましたが、右は急斜面で危険なのでここで引き返すことにしました。

 

昨年からの台風により今年は倒木が目立つ気がします。ここもおそらく倒木は撤去されると思いますが、不意打ちの足止めは気が滅入るので、来年の探索からは常にノコギリを携帯しておくことにしましょう。倒木の除去に期待しつつ、次回は完抜け走行を心に決めて再探索したいと思います。

 

なお逆側の入り口からも進入してみましたが、途中で作業車が止まっており進めなかったため、断念しました。

 

 

(2018年9月公開)