林道ファン~林道探索が好きなバイク乗りの備忘録

林道探索にロマンを感じるバイク乗りが、関東甲信越の未舗装林道を実走調査し記録に残しています。

鬼泪山林道の舗装状況 2018

完全舗装化間近?のマザー牧場へと上る完抜け林道

探索年:2018年2月

所在地:千葉県富津市

舗装状況:完抜け一部ダート

難易度:リッターオフ車走行可

一口メモ:館山自動車道の富津中央ICから僅か10分の場所という近さの房総を代表する林道。高速から降りてすぐにアプローチできる林道としては、金谷元名林道に次ぐ近さの林道といえるだろう。近年、下から順次舗装されており、あと数年で完全舗装されそうである。

 

房総半島の丘陵地に位置し、千葉県民にとっては東京ディズニーリゾートよりもマザー牧場と言われるほど魅力的で、千葉県を代表する観光地であるマザー牧場の付近には舗装林道を含め、正規に走行できるダート林道が数本残っています。

ツーリングマップルにも掲載されている鬼泪山林道はかつて全線にわたり未舗装で、途中は急勾配で適度なガレ場もあり、林道好きにとってこの林道だけでも走りに来る価値がありましたが、年々下から舗装化されてきています。

この分だと、数年以内に鬼泪山林道はマザー牧場側まで全線舗装されてしまうものと思われます。昨年2017年は舗装工事のため通行止め期間があり、今年になって走れるようになったので調査してきました。

 

 f:id:rindoufan:20180917054251j:plain

県道163号からは館山自動車道を越えたあとすぐの分岐を右折して鬼泪山林道へと進んでいきます。しばらくは民家が続きます。

 

  

  

 

f:id:rindoufan:20180917055852j:plain

少し進むと左手に鹿野山をはじめ、なだらかに連なる房総の山並みが見えてきます。

  

 

f:id:rindoufan:20180913193413j:plain

   

  

f:id:rindoufan:20180913193830j:plain

途中にカーブで消えていく名無しダートとの分岐があります。こんなおいしそうなダートを見て当然私が素通りしているはずはありませんが、この林道の詳細は次回にして先に進みます。

 

 

f:id:rindoufan:20180913194133j:plain

少し進むと道が広く開けて、左に分岐がある地点に着きます。分岐の先には鉄製ゲートが見えています。この場所は数年前に舗装が完了しています。

  

 

f:id:rindoufan:20180913194314j:plain

2016年までに新規舗装化された地点です。結構な勾配で、舗装される前はちょっとしたクレバスやこぶし大の石も転がっており、R1200GSやアフリカツインなどでは苦労した区間でもあります。

 

 

しばらく登ると2017年に新規舗装された区間が現れます。真新しい真っ白なコンクリート舗装がまるで天へとのぼる絨毯のように上へと続いています。そう、オンロードバイクにとっては新たな未知のツーリングルートへ、そしてオフロードバイクにとっては全く意味のない落ち葉で滑るだけの恐ろしい呪いの道へと変貌したのです。

  

 f:id:rindoufan:20180913194902j:plain

この真っ白な絨毯は私を天国へと導いているんですか?あれ、私はもう死んでいたんですか?

 

  

f:id:rindoufan:20180913195550j:plain

でも安心してください。新規舗装化区間を過ぎるとまだ残っていました、未舗装区間が!

   

  

f:id:rindoufan:20180913195744j:plain

 

   

f:id:rindoufan:20180913195830j:plain

気持ちの良い踏み固められた砂利のダート区間はまだ健在です。

   

 

f:id:rindoufan:20180913195958j:plain

 

    

f:id:rindoufan:20180913200053j:plain

ダートのままマザー牧場側の県道93号線に出ました。

 

  

この林道も大変残念なことに、大半が舗装化されてしまいました。数年以内には今回走行できたダート区間もなくなってしまうのだと思います。ちなみにダート区間の延長は現在2km前後です。

 

 ➡鬼泪山林道の名無しダートを探索する。

 

 

(2018年9月公開)